上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毛細血管の内径が細くなり、更に細い静脈に病変が進むと、血流が極度に悪くなり神経細胞に酸素がいきわたりにくくなります。
神経細胞が酸欠状態になると酸欠だ酸素をよこせって物質を出すようです。
そうすると酸欠を解消するため、新たな血管が作られます。
この血管が新生血管です。
新生血管が見られるようになると硝子体出血、網膜前出血、牽引性網膜剥離などが見られるようになります。

新生血管
新生血管は網膜だけでなく硝子体にも広がります。
正規の血管と違って新生血管はもろく出血もしやすい。

硝子体出血
新生血管は破れやすい。
少しの衝撃で出血します。
出血が硝子体まで広がると視力も低下してしまいます。

牽引性網膜剥離
新生血管からの出血が頻発すると網膜と硝子体の間に増殖膜が発生します。
この増殖膜が網膜を引っ張って剥離させます。
これが網膜剥離です。
網膜はく離が発生すると視力が低下します。
物が歪んで見えることもあります。
網膜の中心部で発生すると失明してしまいます。

早期に発見すれば、眼科医療の進歩は失明の危機を回避可能です。
しかし、血糖値のコントロールは必要です。
症状により、レーザー手術や硝子体手術が行われます。
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://bloodcheck.blog.fc2.com/tb.php/84-af079bce
毛細血管の内径が細くなり、更に細い静脈に病変が進むと、血流が極度に悪くなり神経細胞に酸素がいきわたりにくくなります。神経細胞が酸欠状態になると酸欠だ酸素をよこせって物質...
外為どっとコムの口コミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。