上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病変が網膜内に限られている単純網膜症ですが、治療をしないでいると網膜の表層へと広がっていきます。
だんだん硝子体と接している表層まで網膜症が広がってくると増殖前網膜症となります。
増殖前網膜症の段階になると、軟性白斑、網膜内細小血管異常や静脈に異常が発生します。

軟性白斑
網膜が虚血になることにより浮腫がおこります。
この浮腫が白い斑点となるのです。
血管の内径が細くなることにより、血液が不足する状態=虚血が起こります。

網膜内細小血管異常
血糖値の上昇により血管の内径が小さくなり、虚血状態が起ことその部分に隣接して異常血管がみられるようになります。
形が異常な毛細血管が現れてくるのです。

静脈異常
初期的には毛細血管に異常が発生しますが、症状が進むにつれ静脈にも異常が発生してきます。
異常な形の血管、ループ状のものや蛇行したもの太くなったものが現れます。
血管が異常となり出血が網膜の中心部で発生すると視力が低下することもあります。


血糖値コントロールを行うことで、進行を抑えることが治療の基本となります。
血糖値のコントロールがやはり重要なんですね
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://bloodcheck.blog.fc2.com/tb.php/83-68a23e17
病変が網膜内に限られている単純網膜症ですが、治療をしないでいると網膜の表層へと広がっていきます。だんだん硝子体と接している表層まで網膜症が広がってくると増殖前網膜症とな...
外為どっとコムの口コミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。