上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
単純網膜症は網膜症の初期の段階です。

この段階では自覚症状はほとんどありません。
毛細血管瘤、網膜出血、網膜浮腫、硬性白斑などが単純網膜症での病変です。

網膜出血
文字どうり網膜内の毛細血管が破れて出血します。
毛細血管にできる毛細血管瘤が破れて出血します。

毛細血管瘤
瘤ってコブですよね。
脳動脈瘤ってのが有名かもしれません。
血管瘤は、ほとんどが血管がつまり、その圧力が血管の弱いところに集中するためコブになるのです。
糖尿病により血管がもろくなりコブになったり、血管がふさがってしまうためにコブができます。
この症状は網膜症の初期から見られるようです。

網膜浮腫
もろくなった血管から血漿などの水分が漏れ出すと網膜に浮腫がおこります。

硬性白斑
出血や浮腫がなどが起こり、漏れ出す成分にタンパク質や脂肪などが含まれだし、その脂肪やたんぱく質が濃縮されると硬性白斑という状態になります。
白色の斑点ってことのようです。


眼底検査を定期的に行っていないとこの段階で見つけることは難しいです。

眼底検査も、虹彩を開けるなどして立体的に網膜を見ないと極初期の病変を発見することは難しいようです。

この段階で発見することができれば食事療法と運動療法で網膜症の進行を抑えることが可能な場合が多いです。

進行を抑えることができるのは、血糖値のコントロールが良好に進めば網膜上の出血もしだいに消えていきます。
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://bloodcheck.blog.fc2.com/tb.php/81-7c8c40bf
単純網膜症は網膜症の初期の段階です。この段階では自覚症状はほとんどありません。毛細血管瘤、網膜出血、網膜浮腫、硬性白斑などが単純網膜症での病変です。網膜出血文字どうり網...
外為どっとコムの口コミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。