上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビを見ていたら、運動は食後がいいか、食前がいいかって話してました。
運動で脂肪を燃やしやすいのは食前だから、食前に運動する方がいいって結果でした。
こういう解説って、ダイエットをしたことが無さそうな太った学者さんが言ってるイメージがあります。
運動で脂肪を燃やす?
いや、燃えないでしょ(笑

よくよくカロリーと運動の関係を見てみると、純粋に運動で脂肪を消費しようとすると、すごい量の運動をしないといけないと言う結果になります。
30分程度の運動では脂肪を減らすことは不可能って計算になりそうです。
もちろん、毎日きちんと運動すれば少しづつ減っていくでしょう。

でも、毎日運動続けても減らない人は多い。
減っても、1ヶ月で1kgとか2kg減って拍手って状態です。

いやいや、そんな減量でいいんですか?って感じです。
私も以前、結構な量の運動をやりましたが、体重減りませんでした。

例えばスキーです。
本気でスキーをすると凄い運動量です。
しかも、1日丸々スキーって言うことも珍しくありません。
1日滑って、食事もあまり取らないのに体重はほとんど減りません。
減って500g程度。
あっ、途中でトイレ行きましたから、その減量分があるかもしれません。

ダイエットのための運動と考えた場合、運動して脂肪を燃やすって考えより、インシュリンの働きを抑えた方が効果的です。
意外と脂肪って生活上で消費されます。
糖よりはるかにエネルギー量が多い脂肪です。
人間って、もしもの時に脂肪として貯めてるんですから、使えるんです。
人間は、糖分が余るとインシュリンが分泌されます。
インシュリンの作用によって、糖分が中性脂肪に変化し細胞内に蓄えられます。

中性脂肪が生成されなくなると自然に中性脂肪は消費されます。
中性脂肪は、比較的速やかに消費されます。

皮下脂肪は少し遅いんでしょうかね。
私の場合、中性脂肪地は、一気に正常値になりました。
体重も8kg減りましたから、内臓脂肪が減ったって事ですよね。
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://bloodcheck.blog.fc2.com/tb.php/218-93cb4d9e
外為どっとコムの口コミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。