FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエットをお考えの方にとって、まず知らなければならない事。
それは、太る理由です。
なぜ太るのか?

それを知らずして、ダイエットを始めてはいけません。
だって、なぜ太るか知らないと、無駄な我慢や努力が増えます。
この、無駄な我慢や努力が、挫折の原因。

そして、挫折がリバウンドの原因です。

まず、私の身をもって実証したこと。

太る原因は炭水化物です。

炭水化物を蓄えるために血糖値がある値を超えると、活動に十分すぎる血糖値があると体が判断します。

すると、すい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞からインスリンが分泌されます。
このインスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンです。
インスリンが分泌されると、糖が中性脂肪に変換されて、細胞内に蓄えられます。

中性脂肪は、皮下脂肪としても蓄えられていき太ってしまうわけです。

太るのは、脂肪を摂取するからではなく、糖を摂取するからなんですね。

そう、太る原因は!

炭水化物を摂取するから

糖質を摂取しなければ脂肪は精製されないので、まず、現状より太りません。


よく、カロリーを気にしがちですが、カロリーは余り気にしなくても大丈夫のようです。
カロリー的には、脂肪の多いステーキなどの方が高いわけです。
しかし、ステーキを食べても太りません。


更に言うと、糖質であっても小分けで時間をかけて食べると太らないのです。

なぜか?

それは血糖値の上昇が、限界を超えないとインスリンが分泌されないからです。

食事は分けて少量で食べるほうが太りにくいわけです。


積分知ってますか?
三角形に面積と言った方がいいでしょうか。

三角形の面積が、摂取する炭水化物だとします。

同じ量を食べても、ゆっくり吸収されると、高さ部分は低いですよね。

ところが、一気に食べて一気に吸収されると高さは高くなります。

この高さが高いう事が、血糖値が限界を超えるということです。

ですから、食事をドカ食いする。
急いで食べる。

そんな食事をすると太るわけです。

でも、日本人はゆっくり食事をしません。

小学校の給食から一定時間で食べさせられますよね。

シエスタが2時間ぐらいあって、ゆっくり昼食を取るヨーロッパとは違うわけですね。
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://bloodcheck.blog.fc2.com/tb.php/212-6ff6a138
外為どっとコムの口コミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。